総合商社で社畜として働く者のプライベート

こんにちは社会人1年目のNaokiです。総合商社で社畜として働いている私のプライベートをお伝えします。

納涼船という名のナンパ船

こんばんは。

世間はそろそろお盆休みでしょうか。

 

今回は表題の件、そう納涼船について記載をしていく。

既におそらくこのブログを読んでいる方々は知っていると思うが、

納涼船はとんでもないナンパ船である。

 

私は大学2年次からこの納涼船に参戦しており、毎年の風物詩になっている。

(もし知らない方は↓↓を参照ください)

www.nouryousen.jp

 

私は主にトップテラス、Aデッキ、Bデッキでナンパ活動にあたる。

実際は上の階の方が、スト高かつ出会いを求めている女性は多くいるが、

Bデッキにも意外と掘り出し物件はいたりする。

 

 

納涼船の声のかけ方は基本的にノリと勢い重視である。

真面目トークで誠実さをアピールしても良いが、納涼船に来ている時点で真面目トークは相手に刺さらない。

 

 

しかし納涼船に来ている層は大学生やDQNっぽい奴らもいるので

ノリと勢いでオープンして、そこから真面目トークに切り替えるのもありかもしれない。

どこでもそうであるが大手企業で働いているのは明らかに有利である。

 

 

しかし、多くの納涼船ナンパ師はその使い方を間違っている。

大手企業で働いていることを自慢するように話す奴が多いのだ。

 

私は基本的に相手から仕事は何をしているのか聞かれない限りは話さない。

聞かれても商社で働いていることを話してそれで終わりだ。

 

 

実際、これが相手の心にはかなり刺さっていることが多いので、

必要以上に大手企業で働いていることをステータスかのように

話している大手企業勤務ナンパ師はやめることをお勧めする。

 

 

そして、ここからは納涼船からの即の狙い方について書く。

納涼船はライバルも多いが、女性の数も多い。

そして確実に納涼船内で即は起こらない上、途中下船もないことから

下船するまで一発逆転勝ちのチャンスはある。

逆に一発逆転負けの恐れもある。

 

私の納涼船内での即の流れについてであるが、

まず乗船してから30分くらい(19:45頃まで)は正直どうでも良い。

 

 

この時間帯に声をかけてもいいが、話で強烈な共通の話題がない限りは、

あなたのことは相手の記憶には残らないだろう。

なぜなら、そのあと他の多くの男からも声を掛けられるからである。

 

 

だから最初の30分は何をしても良い。

声を掛けても声を掛けなくても結果は変わらない。

納涼船とは下船に近づくほど、即率は高くなるから。

 

 

20時ころになったら声を掛けまくろう。

皆酔いが周り、楽しくなって来ている。

おそらく女性とLINEを交換するだろうが、

その際にLINEで少しやり取りをすることを忘れずに行っておくべきである。

 

後でLINEを送っても相手からは「誰こいつ?」となる危険性が高い。

LINE上でも自分の印象を残しておくのである。

 

 

そうして、20時半ころになったら、声掛けは慎重に行うべきである。

本当に自分が即したいスト高を探し、その女性に声を掛ける。

 

 

ここで上手くいけばそのまま即できる。

20時半頃からの時間帯の使い方をわかっている人はしっかりとスト高と即をしている。

 

納涼船は10月上旬までやっているとのことなので、これから行く方々は

以上の報告をぜひ参考にしていただければ嬉しい。