総合商社で社畜として働く者のプライベート

こんにちは社会人1年目のNaokiです。総合商社で社畜として働いている私のプライベートをお伝えします。

出会いと別れについて

こんにちは。

そして、お久しぶりです。

2か月以上、ブログを書いていませんでしたが、

この短期間に私には彼女が出来、別れを経験しました。

 

我ながら、彼女が出来てもナンパ活動は継続するつもりだったが、

本気で心を奪われ好きになってしまったため、一切ナンパ活動からは距離を置いていた。

久しぶりなので、この短期間の出来事を書こうと思う。

 

8月上旬の金曜日、私は仕事を終え、大学時代の同僚と共に合コンへと繰り出した。

合コンはいつものことであり、その当時もセ〇レを作ることしか考えていなかった。

 

仲間たちと念入りに事前の打ち合わせを行い、会場へと足を運んだ。

既に女性は店に到着していた。

 

誰を持ち帰ってやろうか女性を一通り見渡したが、

特に目立った女性はいなかった。

もちろん全員、美人であるが特段目立った女性はいない。

 

宿泊だとホテルの代金がもったいないため、

その日私は良い印象で終わらせ、後日準即を狙うことに決めた。

 

無難に会話し、無難にゲームをし、下ネタを展開し、

いつものように女性は楽しんでいた。

 

そして、誰がどの子を狙うか決め、その日の飲み会は終えた。

私は、帰る予定であったため、帰る方向が一緒であった女性と途中まで電車で帰ることとなった。

 

私「今日はありがとう。」

女(以下A子)「こちらこそ。」

 

そんな当たり障りのない会話をし、女性は帰宅をしていった。

その時、私はふと自分の中にとある感情が湧きあがってきているのを感じた。

 

「話してみると、楽しい人もいるものだな、、、。」

そう、A子と電車内で話していたのだが、意外と話が合ったのだ。

趣味の話、仕事の話等。

 

帰るとA子からLINEが来ていた。

A子「今日はご馳走様でした。」

 

私「こちらこそ、ありがとうございました。

  電車内でA子さんの意外な一面が見れて良かったです(^^)」

 

それから、私とA子のLINEは続いた。

何故だか途切れなかった。

あまり私はLINEをするのが得意ではない。

しかし、A子とのLINEは途切れなかったのだ。

 

そんな形で、もちろん二人で会うことになり、

毎週、週に2回ほど二人で会うことを繰り返していた。

いつの間にか私はLINEの返事を待ってしまうような状態になってしまっていた。

 

おそらくこれは恋であり、自分はA子のことが好きなのだろうと感じた。

そして、知り合ってから1か月でA子に告白をし、付き合うこととなった。

 

それからの日常は毎日とても幸せで、ナンパや合コンからも距離を置くようになった。

この幸せはいつまでも続くものだと感じていた、、、、

 

~to be continued~

知らない方が幸せなこと

こんばんは。

今日は知らない方が幸せなことについて書きます。

 

最近、女とお金については知らない方が良いことってあるんだな、と度々感じることがある。

 

《お金について》

私は社会人となって毎月最低○○円の収入が約束されることとなった。

まだ1年目のペーペーであるため、周りの社会人の先輩方に比べると収入は少ないことだろう。

 

しかし、学生のときからは考えられないような十分な金額である。

これにより、私の私生活は少し変化をした。

 

軽く挙げていくと

・外食が多くなった

・ラブホに泊まるようになった

・女性と遊びに行く店のランクが上がった

 

いわゆる無駄な出費が増えたのである。

学生の頃の私の方が何倍も堅実であったと感じている。

 

おそらく今後収入が増えていくことになるだろうが、さらに無駄な出費が増えていくことにはなるだろう。

 

私の会社の先輩が幸せはお金では決まらないということを言っていたのを今になって思い出した。

 

今後自分自身を律することは必要になるのだろう。

 

 

《女について》

学生時代にも学園祭などではナンパを行っていたが、本格的なナンパ活動はしていなかった。

 

現在はストナンとネトナンを行い、多くの女性と会い、身体を重ねているが

それに伴い私の中で女性に対する期待値が上がると同時に、女性を好きになる感情が薄れてきたと感じる。

 

人間は突如、知らない世界を知ってしまうと自分自身をコントロールできなくなってしまうのだと改めて感じた。

 

ナンパをするということは、

それだけ女性と接点を持つ機会が増えるため、例え彼女が出来たとしても自分自身をコントロールしなければ『浮気』をしてしまうだろう。

 

そして、様々な女性を知ったが故に

女性を好きになるという感情はおそらく薄れることだろう。

 

新たな世界に踏み入れることは

自分自身を壊してしまうリスクもあることを事前に考えておこう。

恵比寿のネイリスト

こんばんは。

今回は先日のアポについて。

 

仕事を終えた私は、ナンパをしようと考えていた。

私はナンパをする日はがっつりナンパをすると決めている。

 

電車を降りた時点から気持ちを切り替え、戦闘モードに突入し、とある街へ出撃した。

自分の気持ちをどんどん高めていくためにすぐさま声を掛ける。

 

「こんばんは。」と、斜め前から声を掛け立ち止めし、

自己開示を行い、相手の興味を惹いていく。

 

 

5声掛けくらい声掛けをした後だっただろうか、

デニムスカートにノースリーブの格好をした後ろ姿美女を見つけた。

髪の質感、肉の付き方、肌の質感からしておそらく美女だろうと思い、声を掛けた。

 

「こんばんは。」

相手の顔をすぐさま確認をして驚いた。

 

 

髪をかき上げているいわゆる、「かき上げ系女子」であり、

顔はとても小さくとてもきれいな顔をしていた。

 

私の表情は自然と笑顔になり、

相手も応答をしてくれた。

 

 

そこから自己開示トークを行い、いつものように相手の興味を惹いていく。

そこから一気に質問攻めをし、相手に喋らせる。

会話が途切れないよう、答えてくれた一つ一つの内容を丁寧に拾い、

それをまた返していく。

 

判明したのは、恵比寿でネイリストをしている20代後半の女性であった。

 

この後、予定があるか聞いたところ、この後は「ヨガ」に行く予定があるとのことであったので、ひとまずLINEを聞き、放流。

 

別れてからさらに何人か声掛けをし、帰りの電車の中でさっそくLINEを送った。

 

とりあえずスタンプを送り、相手の反応を見る。

 

女「さっきは突然のことでびっくりしました。」

 「お仕事は何をしてるんですか?」

 「よくああいうこと(ナンパ)はするんですか?」

 「ご飯?いいですね。ぜひ行きましょう」

 

順調にLINEは続き、1週間後ディナーをすることとなった。

 

 

いつも私が使用しているフレンチ系の店で20時からアポになった。

最寄りの駅で待ち合わせをし、ネイリストを発見する。

 

「相変わらずのかき上げ具合だね。」相手を軽くイジり、

今日の仕事の内容を軽く話しながら店まで向かう。

 

 

店につき、早速乾杯をし、出された料理を食べていく。

無難な仕事の話、趣味の話をし、

相手の警戒心が解けてきたところで

恋愛トークを始めていく。

 

「彼氏いないの?」

「いつから?」

 

そして

「彼氏作る気ないでしょ?」

「遊び人なの?」とイジっていく。

 

判明した情報

・彼氏は1年前からいない

・最近周りの結婚ラッシュなため彼氏が欲しい

・20代前半は男遊びをしていた

 

私の情報も話し、打ち解けていく。ボディタッチも増えていく。

 

「良かったらこの後、家に来ない?」

ストレートに誘う。

相手は「うーん、、、」と悩んでいる。

 

この時点で勝利は決定だ。

「美味しいお酒ストックしてるし、くつろげると思うよ。少しでいいから」

 

相手がYesと返しやすい、ような言葉を連ねていく。

 

女「うん。わかった!」

即が決定した瞬間であった。

 

自宅についてからは、

自分の趣味、仕事の内容、私生活等

私の魅力を最大限に売り込んでいく。いわゆる個人営業だ。

 

何もおもしろい話をしなくても、相手が笑ってくれるようになった。

ここで沈黙の間を作り、唇を重ねる。

 

私「いい?」

女「うん。」

 

ベッドルームまで移動し、即!

 

行為を終えた後、ゆっくりと相手の話を聞いていたが、

某マッチングアプリで3回ほど会い、気になっている男性がいるとのことであった。

 

しかしながら私は、そんな女性を即ることができた。

本当に毎日何が起こるかわからないものである。

 

もしかすると、某マッチングアプリで知り合った男性は、彼女(ネイリスト)のことが良いと思っており手を出さなかったのかもしれない。

 

しかし、彼女は彼氏がおらず寂しくしていた。そんなとき私が現れ、即をした。

 

もしみなさんの周りにも良いと思った女性がいるのならば、早めに手を打っておいた方が良い。

 

 

綺麗な女性にライバル、また出会いはたくさんあるのだから。

 

 

~明日は何が起こるかわからない~END

納涼船での戦い

こんばんは。

今回はこの前参戦した納涼船についてレポートを書こう。

(私が参戦した日は満員であった)

 

参加人数は私を含めて6人!

6人はメリットしかない人数である。

2人組でナンパしても、3人組でナンパしても複数のグループを作ることが可能である。

さらには4人ー2人で別れることも可能である。

 

実際にこの後書くが

多くの連絡先をゲットし、即をすることに成功したのは6人で参戦したからといっても過言ではないだろう。

 

覚えている限りでレポートを書いていく。

1人目:2人組大学生(私たちも2人)

「やぁ、納涼船でなにしてるの??」でオープン

「納涼船で浴衣着てないなんて楽しむつもり全くないね」とネグ

 

相手はよくわからないが『チャラそう』といい私たちをネグってくる。

大学生の最近の恋愛事情を聞き出し、

LINEゲットして放流。

 

 

2人目:3人組美容師(私たちも3人)

「やぁ、納涼船でなにしてるの??」でオープン

『お兄さんたち大学生?』と言われてしまう。

(見た目でそう感じたのか、話し方でそう感じたのかは定かではない)

 

どうやら専門学校時代の友人たちと来ているようだ。

やはり接客業だけあって会話が上手い。返しにも慣れている。

「お姉さん、本当可愛いね」と言ったが

『誰にでも言ってるでしょー』とありきたりな返しをされてしまう。

LINEゲットして放流。

 

3人目:3人組OL(私たちも3人)

大学の時の友人のようで、3人とも私服であったがスト高。

聞いたところ私と同じ大学出身であった。

大学のあるある話をきっかけにして、話を盛り上げる。

可愛いし、ノリもいいので3人で今日はこのグループで即をしようと決意。

後で、飲もうと良い相手からの反応も良好であった。

 

他の物件&一緒に来ている仲間を探すためにいったん別れることに。

 

その後、他にも声をかけLINEゲットしたが、

3人組OLをこえるような物件は見つからず終了。

 

別の3人組で声かけしていた仲間たちもこのあと飲みに行くようだ。

 

 

「さぁ勝負はこれからだ」

6人の仲間たちと、お互いの検討をたたえ合い、それぞれのグループ(3ー3)に別れて行動を開始していく。

 

 さっそくLINEで電話をかけ、待ち合わせをすると同時にタクシーを2台手配しておく。

どのように乗ろうか迷い、後日たった今でもどれが正解かはわからないが、

男女に別れてタクシーを乗ることに。

場所を銀座に指定し、後ろのタクシーには着いてきてもらうよう指示。

 

OLたちが乗ってるタクシーではどんな会話が繰り広げられていたのかはわからないが、私たちのタクシーでは作戦会議。

 

1人の友人の家が日本橋にあるため、そこで即ろうという結論に至った。

 

店に到着し、飲み会の開始。

私たち3人は合コン経験が豊富なため、飲み会には絶対の自信を持っている。

さっそくお互いに自己紹介をし、まずは差し障りのないトークから始めていく。

 

《OL3人組について》

JJ子:24歳保険会社勤務(※JJにいそうな感じ)

高身長子:24歳保険会社勤務(※身長が165センチ)

目子:24歳IT会社勤務(※目がクリクリしている)

 

可愛いさで言うと、

JJ子〉〉〉〉高身長子〉目子

目子でも、十分可愛い。

JJ子は本当に圧倒的美しさだった。

イメージはこんな感じ
f:id:naokiiiii_2000:20170816115452j:image

 

本当にレベルの高い3人だと改めて感じた。

しかし、ここでJJ子を調子に乗せてはいけない。

私たちは目子を中心に会話を進めることにした。

 

 

お酒が回ってきたところで徐々に山手線ゲームなどのゲーム、さらに下ネタトークを始める。

 

3人とも下ネタトークも嫌がっていない。

どうやらOL3人組でよく合コンに行ったりもしているようであった。

 

 

「おそらくこいつらは結構遊んでいるな」

私の脳はそう感じた。

まぁ無理もない。このレベルなら男に困らないだろうし、自分達から行かなくても相手側から多くの誘いが来るだろう。

 

 

そんな中、私の友人1人と高身長子がかなりいい感じだ。

高身長子も最初に会ったときよりかなり甘えた感じになっている。

 

 

女性の変わりようにやや戸惑いを受けながらも、全員の気分がお酒でいい状態になっているところで飲み会を切り上げる。

 

 ここで友人が

『高身長子かなり酔ってるみたいだから、駅まで送ってく』と言い残し

高身長子とともに消えていった。

(もちろん高身長子とパコパコ楽しんだらしい)

 

 

友人が飲み直す提案をしたところ、

OL2人組は承諾。家で飲み直すことも承諾。

 

さて、友人の家まで再度タクシーを走らせることに。

 

到着。

エントランスをくぐり、部屋に入る。

相変わらず綺麗な部屋だと感心した。

1LDKであるため、別の部屋でプレイをすることも可能だろう。

 

 

お酒はみんなまだだいぶ残っているため、

お酒はほどほどにトークでOLをもてなす。

 

 

気分が良くなってきたのか、JJ子も目子も自分のことをかなり語る。

 

~JJ子~

・これまで告白された数は数え切れない

・彼氏とは1ヶ月前に別れたばかり

・一度、彼氏がいたがほかの男とワンナイトをした経験有

・男に困ってはいない

 

~目子~

・最近の彼氏は5年付き合っていたが、半年前に別れた

・彼氏と別れてから色んな男と遊んでいる

・飲んだ後は寂しくなってしまう

 

 

なるほど。やはり2人とも男慣れしていて、遊んでいるな。

私の直感は正しかったようだ。

 

 

ここで、適当な理由をつけて部屋をそれぞれ別れることに。

友人は目子を誘ってベッドルームに、、、

 

友人は彼女がいるため、JJ子を俺に譲ってくれたとのこと。

本当に出来た人間である。

 

 

ソファでJJ子の肩を抱き寄せ、見つめ合う。

そして顔を近づけるがキスはしない。

これを何度かしているとJJ子から唇を重ねてきた。

 

 

長めのキスをし、相手の体を触っていく。

服はまだ脱がせない。

相手をたくさん焦らすことが私は好きだ。

相手が感じてきたところで服を脱がしていく。

 

 

JJ子の体を見て驚いたが、

顔だけでなく体も白く張りがあり美しいの一言だった。

 

 

この体と一体になることを考えると、興奮せずにはいられなかった。

手○ンをする頃にはJJ子の体は熱く、濡れきっていた。

 

 

そしてJJ子からのフ○ラ攻撃が始まった。

気持ちいいポイントを的確に攻めてきた。テクニックは◎

 

それもこんな美女が、、

私は優越感を味わうために、あえて仁王立ちしJJ子が私の息子を一生懸命咥えている様子を見つめた。

 

 

世の中のモデル系女子は案外みんなドスケベなのかもしれない。

 

フ○ラで、イキそうになってしまったため、

JJ子にストップをかけゴムをつけ、挿入しようとしたところ

 

ベッドルームからパンパン!パンパン!

と音が聞こえてくる。

どうやら目子も体を許してしまったようだ。

ただ声は聞こえてこない。声が出ないよう我慢でもしているのだろうか、、、

 

 

JJ子にもパンパン!パンパン!

というリズミカルな音は確実に聞こえていたはずだ。

 

 

そして私とJJ子はプレイをした。

バックから激しく突かれたり、私の上にまたがって自分から腰を振ることを好んでいる子だった。

 

 

そのあと相手を入れ替え、再びプレイを楽しんだ。

 

やはり納涼船を6人で参戦することは非常に重要である。

それは2人組相手でも3人組相手でも4人組相手でも対応が可能な点にある。

 

納涼船で可愛い子は、おそらく即られているはずなのでチャンスは必ず自分のものにしよう。

納涼船という名のナンパ船

こんばんは。

世間はそろそろお盆休みでしょうか。

 

今回は表題の件、そう納涼船について記載をしていく。

既におそらくこのブログを読んでいる方々は知っていると思うが、

納涼船はとんでもないナンパ船である。

 

私は大学2年次からこの納涼船に参戦しており、毎年の風物詩になっている。

(もし知らない方は↓↓を参照ください)

www.nouryousen.jp

 

私は主にトップテラス、Aデッキ、Bデッキでナンパ活動にあたる。

実際は上の階の方が、スト高かつ出会いを求めている女性は多くいるが、

Bデッキにも意外と掘り出し物件はいたりする。

 

 

納涼船の声のかけ方は基本的にノリと勢い重視である。

真面目トークで誠実さをアピールしても良いが、納涼船に来ている時点で真面目トークは相手に刺さらない。

 

 

しかし納涼船に来ている層は大学生やDQNっぽい奴らもいるので

ノリと勢いでオープンして、そこから真面目トークに切り替えるのもありかもしれない。

どこでもそうであるが大手企業で働いているのは明らかに有利である。

 

 

しかし、多くの納涼船ナンパ師はその使い方を間違っている。

大手企業で働いていることを自慢するように話す奴が多いのだ。

 

私は基本的に相手から仕事は何をしているのか聞かれない限りは話さない。

聞かれても商社で働いていることを話してそれで終わりだ。

 

 

実際、これが相手の心にはかなり刺さっていることが多いので、

必要以上に大手企業で働いていることをステータスかのように

話している大手企業勤務ナンパ師はやめることをお勧めする。

 

 

そして、ここからは納涼船からの即の狙い方について書く。

納涼船はライバルも多いが、女性の数も多い。

そして確実に納涼船内で即は起こらない上、途中下船もないことから

下船するまで一発逆転勝ちのチャンスはある。

逆に一発逆転負けの恐れもある。

 

私の納涼船内での即の流れについてであるが、

まず乗船してから30分くらい(19:45頃まで)は正直どうでも良い。

 

 

この時間帯に声をかけてもいいが、話で強烈な共通の話題がない限りは、

あなたのことは相手の記憶には残らないだろう。

なぜなら、そのあと他の多くの男からも声を掛けられるからである。

 

 

だから最初の30分は何をしても良い。

声を掛けても声を掛けなくても結果は変わらない。

納涼船とは下船に近づくほど、即率は高くなるから。

 

 

20時ころになったら声を掛けまくろう。

皆酔いが周り、楽しくなって来ている。

おそらく女性とLINEを交換するだろうが、

その際にLINEで少しやり取りをすることを忘れずに行っておくべきである。

 

後でLINEを送っても相手からは「誰こいつ?」となる危険性が高い。

LINE上でも自分の印象を残しておくのである。

 

 

そうして、20時半ころになったら、声掛けは慎重に行うべきである。

本当に自分が即したいスト高を探し、その女性に声を掛ける。

 

 

ここで上手くいけばそのまま即できる。

20時半頃からの時間帯の使い方をわかっている人はしっかりとスト高と即をしている。

 

納涼船は10月上旬までやっているとのことなので、これから行く方々は

以上の報告をぜひ参考にしていただければ嬉しい。

ナンパにおけるマインドセット

こんばんは。Naokiです。

 

今日はナンパについて書いていこう。

私が本格的にナンパを始めたのは大学3年次からであるが、

ナンパを始めてから人生は大きく変化したと感じる。

 

(※本格的と上述したのは、大学3年次まではクラブや学園祭などのイベント次にはナンパをしていたからである)

 

ナンパをしている皆さんはわかるだろうが、

自分が出会いたい女性、知り合いたい女性と仲良くなることが可能である、それがナンパだ。

 

 

そんなナンパには、夢のような無限の世界が広がっているが、まず初心者にとって必ずと言っていいほどぶち当たる大きな壁がある

それは声を掛けるのに躊躇してしまうことである(=地蔵)

 

私もナンパを始めた当初は地蔵してしまうことがあった。

このような状態に陥ってしまう原因としては、

周りからの目を気にしてしまう点にある。

 

周りの人がみているのに失敗したらどうしよう

恐らくこれが一番大きな要因ではないだろうか。

 

しかし実際には、世の中の国民はあなたがナンパしている様子などほとんど目には入っていない、

さらには仮に目に入っていたとしても『あいつナンパして失敗してるなー』そう思って、それで終わりである。

 

 

つまり相手の心にあなたのことなど記憶には残らない。

残るのは、ほんの僅か一瞬である。

 

あなたはこんな一瞬のことを恐れて声を掛けるのを躊躇してしまっているのだろうか?

 

 

そうだとしたら非常にもったいない。

声を掛けようとした女性が、その後違うナンパ師に声を掛けられて即られたらどうする?

 

 

稀に彼氏のことを本気で愛していて崩せない女性も存在したりするが、

ほとんどの女性は出会いを求めている。

実は声を掛けてもらって、喜んでいる女性はたくさんいるのだ。

 

 

また声を掛けた女性は必ずゲットする!と

意気込みすぎてしまうのも良くない。

 

 

暇つぶしに声を掛ける。

そのくらいの気楽なマインドで声を掛けると、自分の体も頭も働き、声を掛けるのが高いハードルではなくなるだろう。

出会い方について

こんばんは。

早速blogを放置してしまっていた、、、、

 

さて、出会い方について今回は書こう。

社会人になると出会いが増える人、出会いが減る人さまざまであると思う。

 

私は社会人であるので、社会人の出会い方について書いてみようと思う。

おそらく多くの人の出会いの手段は『合コン』に尽きるはずだ。

 

私も同期や先輩と毎週合コンは必ず行っている。

合コンは大学でいうサークルの飲み会のような感じで少々チャラくても許され、勢いでどうにかできてしまうものである。

 

だから誠実さは必要ない。

盛り上げて相手を楽しませることができれば『即』が充分に狙える。

 

さらにいい人を演じれば、彼女を作ることも容易い。

コスパ的にはおそらく非常に良いものである。

 

しかし、私はそれに飽きたらず『ナンパ』と『pairs』というマッチングアプリを駆使している。

 

合コンに加え、出会い方の選択肢を増やすことによって、 自分の理想の女性と出会える可能性は非常に高くなるからだ。

 

実際に私が『ナンパ』と『pairs』をどのように駆使しているかは、そのうち記事に書きます。

 

もし、今回の記事を読んでいて、

合コンでモテないと悩んでいる読者の方がいたら、もっとチャラいような雰囲気を纏って、イケイケな感じで女性と会話してみればどうだろうか?

おそらくだんだんと状況は好転してくるはずだ。